FC2ブログ

大学院を卒業しました!

いつも応援くださり、ありがとうございます!
スコットランドで伝統楽器のケルティックハープを勉強している松岡 莉子です。



今月、英国王立スコットランド音楽院(Royal Conservatoire of Scotland )伝統音楽学科、スコティッシュハープ科の修士課程を無事に 卒業 しました。







スコットランド留学を志してからここまで、とても長い道のりでした。
充実していた学生生活でしたが、苦しい事も多かったです。




日本人というバックグラウンドながら、スコットランドやヨーロッパの伝統音楽を現地で学ぶ事は正直簡単な事ではなく、人一倍の努力が必要でした。



競争環境の中で味わった挫折の数は数え切れません。







その分、演奏の喜びや友人と笑いあった時間は掛け替えのないものでした。




学生生活を終えるのは寂しいですが、スコットランドでの経験や仲間を大切に、これからもケルティックハープ奏者として前に進んでいきます。





今後、学んできた スコットランドの音楽を日本に帰って伝えたい という想いは、もちろんあります。
しかし、いずれは 日本のハープ音楽を世界に発信 していきたいというのが今の目標です。





ハープを通じて世界と日本を繋ぐ為に、長い道のりが待っているのだと思いますが、これからも頑張っていきます。



今後ともどうぞ応援よろしくお願いします!
松岡 莉子



ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

適当ハープ弾き #D27o8Pgw

おめでとうございます!

大学院ご卒業おめでとうございます!
ブログを通して応援することしかできませんでしたが、3年(でしたか?)のスコティッシュハープ留学は、滞在した年数よりもずっと多くの内容を習得されたのだと思います。

日本のハープを世界に輸出するには、一人や少数であるとどうしてもパワーや発信力に限りがあるので、最初に日本でのハープ人口を増やす必要があるのかもしれませんね。日本にはアイリッシュハープやスコティッシュハープを習いたくても、指導者がいない、ハープが手に入りにくい、よってレッスンしてくれる場所も人もいないという状況です。私もよく友人や知人に「誰か先生知らない?」と相談されることがありますが、日本に住んでいないので力になれず……(泣)。

もし機会があれば、いつか莉子さんのスコティッシュハープのレッスン受けてみたいです♪
まずは、残り少ないスコットランドでの生活が有意義になりますよう、そして日本での新しい挑戦に成功するよう、お祈りしています。

2019/07/21 (Sun) 02:36 | URL | 編集 | 返信
Riko #-

Re: おめでとうございます!

適当ハープ弾き様、

長い間ブログを通して応援下さり、ありがとうございました。
心のこもったコメントに励まされていました。

おっしゃる通りです。
ケルティックハープの指導者不足は問題ですね。
まずはケルティックハープを日本で広め、全体の演奏レベルを上げることから始められると良いのかなと考えています。
まだまだ未熟ですが、スコットランドで得た経験を日本で生かせれば良いなと思っています。
お互い頑張りましょう^^

2019/07/25 (Thu) 08:26 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント