FC2ブログ

トライ&エラー 第2話

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。

上手くいかないこともある海外での大学生活。
どうすれば少しでも良い方向に進むか試行錯誤する毎日を送っています。


今日は、共演してくれるベースプレーヤー探しに奔走していた先日のブログの続きです!



学生生活最後のソロリサイタル の為の共演者探しになかなか苦戦していました。
その理由は、伝統音楽学科にベースプレーヤーがいないからです。



英国王立スコットランド音楽院の伝統音楽学科には、 様々な楽器 を勉強する学生が所属しています。思い出せるところでいうと…


・フィドル(ヴァイオリン)
・ヴィオラ
・チェロ
・ハープ(鉄弦、ケルティックハープ)
・ピアノ
・アコーディオン
・バグパイプ
・ギター
・マンドリン
・バウロン
・フルート
・ホイッスル
・歌(スコッツソング・ゲール語の歌)

です。



伝統音楽学科のメンバー同士の授業が多く、学内の交流はどうしても同じ学科内が中心になります。
しかし、ベースプレーヤーを探すとするとジャズ専攻クラシック専攻 の人という事になります。




一度共演したジャズ専攻の友達のベースの虜になり彼のコンサートに数か月通い詰めた結果、一度はOKをもらったのですが、彼は5月からアイルランドで30日間連続のツアーを行うことになり結局 NG に…


ここは諦めて、他の人を当たることにしました。



ずっとベース奏者を探していたので、半年ほど学校の練習室でベースを弾く人に会う機会があった際は、
伝統音楽を演奏する事に興味ない?」と声を掛けていました。



その中でクラシック専攻のイタリア出身のコントラバスを弾く男の子が、 興味ある! と前向きな様子だったので、彼に頼んでみることにしたのでした。


頼んでみると「光栄です!」と前向きな返事。
正式に OK をもらい、これで解決!と喜んでいたのも束の間、ここも簡単には行かず…



「来週いつ練習できる?」とメッセージを送っても1週間返事がないのです


今の時期は、みんな多くの演奏を抱える忙しい時期だというのは分かるのですが、返事を貰えない事に不安を覚えていました。



リサイタルでのベースプレーヤーとの共演は諦めるしかないか…と落ち込み気味だった時、ハープのレッスンで先生のコリーナに相談してみました。



すると、 「チャーリーに頼んでみた?」とコリーナ。


チャーリーと言うのは、若手ミュージシャンのコンクール『BBC Radio Scotland Young Traditional Musician 2017』で優勝したフィドル奏者です。
(名前をクリックするとコンクールでの演奏動画が見られます!)


実はあまり知られていないのですが、彼は同じ大学の ジャズ科出身でベースを専攻 していました。
1年目は伝統音楽科に所属していたそうなのですが、その当時の伝統音楽科のカリキュラムは演奏ではなく研究ベースだった為にチャーリーは、2年目から ジャズ科に転科 したそうです。



彼はスコットランドのトラッド音楽シーンでは 注目の若手 として有名で、これまでに私も彼の演奏を聴く機会が多くありました。


BBCのコンクールの会場で実際に彼の優勝を目の当たりにしたり、映画を観ていると彼が出てきたり、パブでのセッションではよく目にするけれど遠い存在として認識していました。



共演を頼むことに躊躇していましたが、コリーナの後押しもあり、ダメ元でチャーリーに頼んでみることにしたのでした。




メッセージと私のハープの録音を送ると、その日のうちに共演 OK の返事が!
これまで、ずっと返事が来ないことに悩まされてばかりだったので、すぐ返事をくれる彼の ミュージシャンシップの高さ にただただ感激したのでした。



ハープ・ベース・フィドル用に曲をアレンジし、パート譜を書くことに多くの時間を費やし、 初回の練習 を待ちました。
彼とはほとんど話した事が無かったので、初回練習まではとても不安で、なぜこんな挑戦をしているのだろう…と自分に問いかけていました。



しかし、実際に練習で会ってみると予想と反して物腰柔らかな良い人で驚きました。



カナダ人のフィドル奏者のジョスリンも加わり、3人での初回練習はスムーズに進み、笑顔に溢れた時間となりました。
少しホッとしましたが、これからが本番です!



今からトップギアでリサイタルの準備に挑まなければいけません。
これからも、沢山の トライ&エラー を繰り返していくのだと思います。


あくことなき音楽への好奇心を大切に、日々少しでも良い演奏ができるように試行錯誤していきたいと思います。






ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント