パフォーマンスクラスでの初演奏

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。


今日は パフォーマンスクラス があり、ハープ科の皆んなの前で初めての演奏でした。


一緒にハープを弾くことはあっても、ソロの演奏を披露する機会はなかなか無かったのです!
(大学院生は、なぜか後回しにされていました


前日に、ハープの先生であるコリーナから「 明日の授業で、皆んなの前で弾くように。 」とメールがありました。


前日の通知だったので、既に準備の出来ている曲から選ぶことに。
試行錯誤の末にスコットランドのワルツとホーンパイプのセットを選びました。


過去を振り返ると、上手く演奏しようとして、人の目が気になって余計に緊張してしまう事が多かった私。
今回は何だか吹っ切れて、「 これが良くも悪くも今の私。 」という気持ちでリラックスして演奏に臨みました。


演奏を終え、皆んなからコメントをもらいます。


先生のコリーナは、
日本人のあなたがスコットランドの音楽をこんなに美しく演奏した事に正直、皆んなが驚いている。と言ってくれ、
クラスの皆んなが、この演奏に影響を受け、さらに頑張るようになるよ!と言ってくれました。


自分では気づいていなかったのですが、もしかすると今までは 日本人というフィルター がかかっていたのかもしれません。
それが剥がれたかもしれない、という今日のクラスでした。


最近、音が変わったと言われることが多く、これまで積み重ねきた事が少しずつ身についてきているような気がしています!!


ドイツ
(春休みにドイツのフッセンという街で撮った写真を載せておきます♪)






いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事