日本のケルティックハープ界の未来

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。



今回は、ハープフェスティバルを通じて考える事があり、ブログに残すことにしました。(長文です…。)






スコットランドにいると、子どもの頃から小学校でケルティックハープやフィドル、ダンスなどを無料、またはお手軽な値段で学ぶ機会があったり、
コンクールが沢山開催されていて、参加料が数百円だったり、
ハープに関しては、学べる環境がものすごく整っていると感じています。



そして、受け皿となる大学があり、プロのケルティックハープ奏者を目指せる環境が、スコットランドのケルティックハープ界のレベルを上げることに繋がっているように感じます。



ただ、昔からこの状況だった訳ではなく、昔はハープの先生はとても少なく、学ぶのに苦労したという話を聞きます。



ハープ協会を立ち上げたイザベルが小学校でハープを教える活動を始め、何十年もかかって今の環境を作りあげたそうです。





今は彼女の教え子達がトップハーピストになり、ハープ界を一緒に支えているのが伺えます。



このような光景を見て、私も日本のケルティックハープ(小型ハープ)界に何か貢献できないか・・・とよく考えます。





しかし、今のスコットランドの状況を作る事が出来たのは、ケルティックハープがスコットランドの伝統楽器だったからだと、私は思い込んでいました。





けれども、このハープフェスティバルでその考えが良い意味で裏切られました。
フランスのブルターニュ地方の奏者の方のレッスンを受けた時のことです。



今、ブルターニュ地方のケルティックハープ界はとても勢いがあるのですが、ブルターニュではハープは 伝統楽器でも何でもない 事を知りました。


※ブログ読者様から頂いたコメントによると、正確には中世時代まではハープが盛んでその後廃れてしまったようです。



ブルターニュでは、大きなケルティックハープのコンクールが開催されていたり、ハープフェスティバルが開催されていて、
近年、テクニックを持ったハープ奏者が多く出てきています。



そして活躍するブルターニュのハープ奏者は、スコティッシュやアイリッシュとはまた違う「 ブルターニュのハープスタイル 」を持っている事が印象的です。



そのブルターニュのハープスタイルが、世界的にも徐々に認知され始め、
エディンバラのハープフェスティバルにも、2年連続でブルターニュからハープ奏者が招かれました。





この事実を知り、日本でも小型のハープは伝統楽器ではないけれど、きっと世界に誇れる日本独自の音楽スタイルが作れるのではないか・・・。


そんな風に思いました。





私もスコットランドの音楽が好きで勉強してハープを弾いていますが、世界基準で考えるとすれば、アイリッシュやスコティッシュのスタイル+日本の良さが必要だと感じる今日この頃です。



楽器自体は手に入りやすくなった日本。
次に必要なのは、小型ハープの技術を次の世代に伝え、教育環境を整えること、そして皆んなで日本のハープスタイルを作ることではないかと思っています。



スコットランドから帰った時にそんな活動に貢献できれば本望です。





エディンバラのハープフェスティバルには、毎年さまざまな国からハーピストが招かれています。



アイルランド、コロンビア、フランス、モスクワ、パラグアイ、アメリカのジャズ、トルコ、イタリア、アフリカのコラ、スウェーデン など…。



特徴は、その国のスタイルが演奏にも反映されていたり、その人にしか演奏出来ない個性的なスタイルを持っていること。



世界から「 日本のハープ音楽が最近クールだ! 」と言ってもらえる日もきっと来るような気がした今日この頃でした。





いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事