アレクサンダーテクニックを始めました。

こんにちは!
昨日はフィギュアスケートの熱狂に包まれていたようですね。羽生選手、宇野選手メダル獲得おめでとうございます!



メダルへの喜びももちろんですが、これだけの人を感動させるアスリートの皆さんの力を今回改めて感じました。
スポーツの持つ力は、本当にすごいなと思います。



1年間、1つの試合を目標に努力し続ける姿は音楽家とも重なる部分があります。



大学院で音楽を勉強するにあたり、音楽家も身体のコンディションを整える事が大切だという事が分かってきました。



身体の状態によっては、演奏にも悪い影響を与えてしまいます。
散歩や毎週のピラティスに加えて、最近始めたのが「 アレクサンダー・テクニック 」と呼ばれるもの。



アレクサンダー・テクニックは、身体の不必要な反応や癖に気づき、それをやめていくことを学習する方法です。



実は、肩こりがひどく何とかならないかと友人に相談したところ、
友人はアレクサンダー・テクニックを試して、1年で痛みが全て消えたと教えてくれたのでした。



(中には全く効果が無かったという友人もいるので、相性もあるのかもしれません。)



現在は、大学で毎週2時間の授業をとっていて、始めたばかりですが、徐々に効果を感じています。



授業を受けたことで、授業外でも身体の反応について考えるようになりました。
そこで、普段から 鏡の前 でハープを練習することに。





弾くときの姿勢に注目して、「どこかに無駄な力が入っていないか」、「無駄な動きがないか」を洗い出しました。



そして、私の場合はハープに集中すると右肩が上がってきて、気づかぬうちに無駄な力が入っていることに気づきました!



そこで、この1週間は鏡を見て、肩が上がっているのに気づいたら力を抜き、本来あるべきリラックスした状態に戻すということを繰り返し行っています。



そうする事で、いつの間にか一気に肩の凝りが楽になり、痛みの原因は演奏中の身体の使い方にあったのかと驚いています。
気づかぬうちに練習中に自分で肩に負担を掛けていたようです!



身体の使い方について考えることも、楽器を弾く上で大切な事なのだと勉強になっています。



いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント