FC2ブログ

音楽家になる為に必要なのは努力か才能か

いつも応援ありがとうございます!
スコットランドでハープを勉強中のRicoです。



ここ数日は久しぶりに良いお天気が続いていて、日の光が気持ち良いです。




最近、タイトルのような「 音楽家になる為に必要なのは努力なのか、才能なのか 」という事をよく考えます。



日本にいた時は、周りを見回してもケルティック(アイリッシュ)ハープの演奏家は少なく、海外のYoutubeを真似したり、ほとんど一人で練習や演奏をしていました。



自分が今どんなレベルなのか、どうすればもっと上手くなるのかという事が当時は分かっていなかった気がします。



それが学校へ入って急に、ケルティックハープを小さい頃から学んで来た生徒達に沢山出会いました。
他の生徒は、音楽中心の生活をもう何年も送ってきているのだと思います。



昔は、すごく上手いハープ奏者を見て才能があるのだと思っていたのですが、最近は裏に計り知れない程の練習があった事がようやく分かってきました。



友達のすごい演奏技術を見て、焦りが付きまとっていた時期もありました。
しかし最近は、周りのスタイルを尊重して学びながらも、自分のスタイルを追求し、常にその時にできる自分のベストの音楽を表現したいと思うようになりました。



音楽と真剣に向き合う中で、扉が沢山あり毎日発見の連続です。



1つずつ扉を開けて行く中で、数年前に聞いた話の意味がようやく分かったりする事もあります。



少しずつ、少しずつ新しい世界が見えてきて、もっと新しい世界を見たくて努力をする。
音楽家になるという事はこの繰り返しなのかなと思いました。



この途方も無い音楽の旅のスタート地点にようやく立てたような、そんな気がしています。





いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント