FC2ブログ

演奏者としての心構え

日本は季節外れの台風が来ていると聞いています。
どうか被害がありませんよう願っています。
皆さまもお出かけの際はお気をつけ下さいませ!



今週末は2日ともホテルでの演奏へ行って来ました。
グラスゴーからエディンバラへ電車で向かいます。
駅のカフェでこんな看板を発見。




パンプキン・スパイス・ラテ、季節ものに弱い女子心でしょうか。
思わず買ってしまいました。




パンプキンラテを飲みながら、頭の中では「世界の車窓から」のテーマソングが。
写真からはあまり伝わりませんが、
週末のグラスゴー、エディンバラ間の列車は、いつも沢山の乗客でいっぱいになります。




そんなこんなで無事にホテルに到着し、演奏してきました。




3時間ほとんどぶっ通しのBGM演奏は、なかなかハードで集中力体力との戦いになります。


ただ、今までは自分本位の目線で演奏してしまっていた事に気付きました。
ホテルで演奏させて頂くうちに、お客様は、特別な日にこのホテルに来ている人が多いということを知りました。


初めてスコットランドに来た観光客の方、誕生日のお祝い、親戚の集まりなど・・・。
そんな特別な日に演奏させてもらうのに、後半に疲れたなぁと思って演奏するなんて失礼だと反省しました。。。


ハープという楽器は特に、指で直接弦をはじく為に、思っている事が音に出やすい楽器だと感じています。
それに気づき、今日は意識を変えて演奏してきました。


そうすると、本当にお客様の反応も変わり驚いています。
ハープを教えて欲しいと連絡先を尋ねて頂いたり、沢山の方が演奏の御礼に声を掛けにきて下さったのです。


演奏を通してリラックスして頂いたり、幸せな時間を提供するのが演奏者の役目。
同じレパートリーでも、気持ちを込めて弾くか弾かないかで大きく変わると気づきました。


当たり前の事ですが、どんな場面でも常にそういう姿勢で演奏すべきだと勉強になった一日でした。




帰りに駅を通ると、駅に常設されているピアノを通りがかりの人が弾いていました。
いきなり、ラフマニノフやショパンを弾き出してびっくりした帰り道でした。
しばらくエディンバラの街とはお別れです。





いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント