FC2ブログ

フィドルフェア3  (心のつながり)

2日目の夜はパブにハープが3台集まりました。




小さな静かなスペースを確保する事ができ、数時間に渡りハープセッションを楽しみました。
時々ハープ伴奏で歌ったり、ソロを弾いたり…
カトリオーナがSwan LK243というオリジナル曲を弾く場面もありミニコンサートのような雰囲気に。


このセッションでは、何だか目に見えないものの大切さや温かさを感じた気がします。


他の友達が演奏している時、カトリオーナが私の手を握って微笑んできて、
友達や近くにいる人の事を本当に大切に思っている事が伝わってきました。


その後、カトリオーナに何か弾いてとリクエストされた時に、
目の前にいたフィドラーのクリスが書いた「White Wife」という曲が浮かんできて…
ハープで演奏し始めました。


クリス本人も演奏に入ってくれ、フィドルのユージンとハープのローレンも加わり4人の演奏に。


演奏中は不思議ですが、思いが込み上げてくるような感じで、
クリスと演奏を通して話しているような…そんな感覚でした。
演奏が終わり、「もうこれ以上の演奏は出来ない…。」
という気持ちになり、席を後に。


その後クリスと再び顔を合わせた時、なぜか自然とハグをしていました。
一緒に演奏できて嬉しかったと言ってくれ、
その後に「この演奏で大切なものが分かっただろう?」とクリスは言いました。


Connection


「一番大切なのは心の繋がりだよ。」と。


クリスとカトリオーナの演奏は、もちろん演奏技術がすごいのですが、
それだけでなくいつも心に響く理由が何だか少し分かった気がしました。
演奏家としての終わりのない道のりですが、心のつながりを大切にできる演奏家になりたいと感じたのでした。。。



いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント