作曲の課題

今日はとても良いお天気。
プリンセスガーデンは日光浴をする人々でいっぱいです。



先日の音楽院の先生Corrina とのハープレッスンでは、はじめて作曲の課題が出ました!


いつもはメロディーをレッスンで勉強して、宿題として考えてきたアレンジを次回のレッスン時に見てもらうという流れでしたが、、、


やはりスコティッシュハープ奏者になる為には曲を書く練習も必要なようです。


まず、先生の作曲した4/4拍子のホーンパイプという種類の楽曲を与えられ、その後に続く曲を考えてきてと言われました。


なんでも初めての作曲にはホーンパイプが一番良いそう♪
また、先生の曲はヘ長調なのですが、私の曲でト長調に移調するように指示がありました。


こちらでは、いくつかの曲を繋げてセットとして弾くことが多いのですが、調を変えることで曲にメリハリをつけているようです。
ただケルティックハープは調を変えるとき演奏しながら、上のレバーを操作しなければならないので少し大変です^^;


先生が「私の曲とRikoの曲から構成されるセット…何だか良いよね!」と言ってくれて何だか嬉しくなりました。


先生のレッスンは1秒も無駄のないような凝縮されたレッスンでいつも緊張感があります。
それでも、とても明るく面白く・・・女性から見てもカッコいい方です。



(先生の家の周辺は草原です!)


ハープに関して学ぶことばかり、アレンジも1パターンになるなど、なかなか難しいです・・・。


少しでも成長していることを願います><



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事