ストリートパフォーマーとして

いよいよフェスティバルが始まりました!




街の中心街は本当に人が多く、いつも5分で歩けるところが倍の時間かかる感覚です。


このフェスティバルのストリートパフォーマーとして登録したのですが、いつでも好きな時間に演奏できる訳ではなく…
毎朝10時に場所と時間を決めるくじ引きを引きに行かなければなりません。



たくさんのパフォーマーが一度に集まる光景は何だか珍しく感じます!




名前を呼ばれた順に、好きな時間・場所に名前を書いていきます。
1ステージは45分で1日1 または2ステージが与えられています。



その他の時間は、フェスティバルの区域外でパフォーマンスをしたり、カフェに行ったりとパフォーマーによって過ごし方は様々なようです。


私は楽器を持ったまま近くの図書館へ!




この図書館、特定の日に楽器が練習できるスペースがあり以前から気になっていたのです。
カウンターで予約をして練習。




てっきり防音室かと思って思いっきり練習していると、なんと他の階にも音が聞こえていたそう・・・!
偶然同じ図書館にいた友達が教えてくれましたm(__)m
なぜこの場所が練習スペースとして開放されているのか・・・
有難いけれど分かりません。笑



パフォーマンスでは演奏を開始した瞬間に雨が…
スコットランドの天気は予想できません>_<
けれども5分程度でやみ、無事に演奏を再開することが出来ました。


屋外での演奏はきっと楽器に良くないので心配です。
自転車用のレインコートを掛けその場をしのぎました…。




今日はホテルでの演奏だったので、ストリートはお休み。
他のストリートパフォーマーもオフの日を設定していて、集まってパーティーを開いたりしているよう。




色々な生き方を知れて、また他のパフォーマーが「どうすれば人を楽しませれるか・驚かすことが出来るか」を常に考えていて刺激になっています。


「ハープでロックを演奏したら良いよ!」とか「日本の衣装を着て演奏したら良いよ!」など色々とアドバイスを受け、ストリートではただ演奏するだけではダメなんだと感じさせられました。


ストリートは静かな環境ではないので、ハープの音色の良さを知ってもらう為に適した環境ではないなと思います。。。
ただ、この楽器について知ってもらうきっかけになれば良いな・・・!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事