FC2ブログ

路上ライブ準備~現地の方の優しさに触れる~

こんにちは♪
スコットランドにもついに夏が来たように感じます。
日本とは比較にならないですが…

20度を超え、昨日・今日はジャケットがいらないくらいになりました!短い夏を楽しみたいと思います。


-------------------------


最近、音楽を通して現地の方と触れる機会が少しずつ多くなってきました。




夏の期間、ストリートパフォーマーが多いエディンバラ。


ジャンルは様々で、バグパイプの演奏から、様々な楽器のミュージシャン、似顔絵アーティスト、大道芸人等。


とても賑やかで歩いているだけで楽しくなります。



先日、ハープを持って出かけた帰り、次の予定(パブでのセッション)まで2時間程時間を潰さなければならず、路上ライブの下見をすることに。



実は以前から、興味はあったものの挑戦できていなかったのです。


スピーカーを見に行ったりもしたのですが、買えていませんでした。。。



いきなり大きな通りに出る勇気が無かったので、人通りの少ない木陰で取り敢えず練習することに^^;


すると現地の方が「僕の娘もハープ弾いてるんだよ。」と話しかけて下さり、コインまで置いて下さいました。。。


優しさを感じて、温かい気持ちで30分程演奏していると、また先程の男性が!


「ここだと他のミュージシャンの音でハープの音が良く聞こえないし、メイン通りの大きな像の前で演奏すると良いよ!」と伝えにきて下さったのです。



アドバイスを受けた場所を見に行く途中 、他のパフォーマーが「君、演奏場所探してるの?」と声をかけて下さいました。


「ここ使って良いよ」という場所は、とても人が集まりやすい良い場所。


その人曰く、僕たちと組んでこの場所を交代で使おうという事でした!


その日はもう時間がなかったので、「またお願いします。」と言うと、「場所探し協力するから、また僕を見かけたら声をかけて!」と言ってくださったのです!


きっと路上パフォーマー同士、仲間意識があるのだと感じ、その優しさに感動しました。




その後に行ったパブのセッションでも嬉しい出来事が。


まだまだ知らない曲の多い私、セッションでもメロディーではなく伴奏を弾く曲も多いという感じでした。


それを見て、メンバーのうちの一人の方がセッションのレパートリーから80曲程のスコットランド曲の楽譜をコピーしてプレゼントして下さったのです!



船乗りで、日本にも何度か来た事のあるという素敵なお爺さん…。


演奏曲順に並んでいたり、手描きで曲名など書いて分かりやすくして下さっているのが分かり、優しさを感じました。


普段、英語の曲名を聞き取れなくて、演奏後に調べられないことも多かったので、楽譜の存在は本当にありがたいです。


この楽譜は一生の宝物になりそう…。



スコットランドに住んでから、時には理不尽な目に遭ったり、英語でのコミュニケーションの為に何をするにも未だ苦労が伴う事もあります。
でも、こうした優しさに救われています。





いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント