スコットランド式 ハープレッスン

こんにちは♪
スコットランドは今日も晴れたり曇ったりのどんよりしたお天気。
こちらにいると晴れている日が貴重なので、そんな日には公園が人でいっぱいになります^^



(晴れている日に公園でバーベキューをしました♪)

日本とは違って、どうやら女性でも日に焼ける事は良いことのようです。
「バカンスにいってきましたよ~。」という生活の余裕を表すようで、文化の違いに驚きの日々です!

----------------

今日はハープのレッスン日
毎回、緊張するこのレッスン。なんだか、いつも試験を受けにいくような気分になります。
それでも、いざレッスンが始まると…
明確に自分の強み・弱みを知ることが出来て、どうすれば演奏が良くなるのかを発見することが出来ます。

今日感じたのは、やはりスコットランドの演奏法とアイルランドの演奏法は違うということです。
スコットランドは、とにかく強い
弦を弾く力に関してもクラシックのように強く、また常に強い一定のビートを感じる必要があります。
また曲を覚える際、アイルランドでは基本的に耳で聞いて覚えますが、スコットランドでは耳で聞くのと同時に、楽譜を使う事が多いのも特徴かもしれません。

今週の課題曲として練習していた曲の動画を見つけました♪
こんな感じの曲を演奏しています!

こちらの動画は、スコットランドのグラスゴーで1年に1度開催される世界最大のケルト音楽のフェスティバル「Celtic Connection」のもの♪






ハープの音楽を日本の皆さまにお届できる日が来るように、スコットランドでたくさん吸収できるよう頑張ります…





いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ







関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント