FC2ブログ

飛行機で楽器を運ぶ

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

私は今アイルランドにいるのですが、昨日はイギリスでEU離脱・残留をかけた国民投票がありました。

スコットランドにいると、残留の声が多く…
メディアでもおそらく残留だろうと伝えられていたので開票されてみて驚いています。

今回はスコットランドやアイルランド北部以外で離脱派が多いという結果になったようです。

EUを離脱すると貿易に関税がかかるようになり、日本の会社にも影響が出るよう。
心配なのは移民やビザの問題…。
そして、ヨーロッパを自由に行き来してコンサートや指導をするミュージシャンにとっても離脱は壁外になってしまうようで、スコットランドのミュージシャンはこの結果に嘆いています。


英国にいる以上、この事実を受け止めて政府の政策についてアンテナを張る必要がありそうです。

---------------

かなり話が変わりますが…

アイルランドまでハープを運んだ時の話です。

今回はスコットランドのエディンバラ空港からアイルランドのシャノン空港まで1時間40分ほどのフライトでした。

ハープはフライトケースに入れているので、荷物として預けられるのですが、
サイズが規定外なので「Outsize 」と書いてある荷物預かり所まで持って行くと、預かってもらえます。


無事に預け、ほっとして飛行機へ。



到着が近づくとアイルランドらしい長閑な景色が見えてきました。




シャノン空港へ到着すると、なんとNon EUの入国ゲートに100人はいるであろう団体客が…。
そこに巻き込まれ、入国に50分近くかかりました…
入国審査場から荷物受け取り所が見えていて、何と私のハープが置き去りにされているのを発見…。
見えているのに手が届かないもどかしさ!


そして、係の人がハープを移動させているのが見えます…。

持って行かないで~~という想いで列に留まり、最終的にはアナウンスまで。

ここにいます(´・_・`)
でもその声は届かず…。

そして、ようやくハープを受け取ることができました!




入国するとアイルランドの国旗がお出迎えしてくれます。




そこからバスでリムリック大学まで行き、いま無事にサマースクールに参加できています!

サマースクールの内容は予想以上に素晴らしく、また後日書きたいと思います。


いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント