FC2ブログ

ハープレッスンレポート①


こちらに来て2名のスコットランドで活躍するハープ奏者のレッスン(計3回)を受けたので、忘れぬうちに書いておこうと思います。


IMG_8879.jpg



1人目のJ先生は、新しいケルト音楽を追求しているタイプの先生。
アレンジや和音が独特で、時々「この和音で合ってますか?」と念のため聞いてしまうほど。
でも、全て通して弾いてみるとその和音が心地良く聞こえるので不思議です。

右手と左手の強弱のバランスを変え、1人で弾いているように思えないサウンドを作ったり…
ダンピング(弾いた後にすぐ音を止める奏法)を使って、左手だけで両手の音を止めたり。

初めて知ることが多く、とても勉強になりました。



そして、今日はRachelのレッスン
Rachel はまだ若いですが、ヨーロッパで活躍しているハープ奏者の1人。
日本での来日公演も決まっているなど、いま注目されているスコティッシュハープ奏者です。



お会いするのは3年ぶりでした!
最近はヨーロッパ中をツアーで回っていて、とても忙しそうです…。

そんな中、なんと今日は私の今住んでいる家までわざわざレッスンをしに来てくれました/ _ ;
親切すぎてなんだか申し訳ないです!

今日のレッスンで教えていただいた曲は2曲。
スコットランドの有名なリールと綺麗なエアー。

RachelはJ先生とは違って、基本の和音をリズミカルに弾く印象。
アイルランドのハープ奏者Laois Kellyを尊敬していて、その影響を受けたそうです。


和音とリズムパターンをいくつか教えてもらいました。
10度よりオクターブの和音が多いのが特徴だと思います。
レッスンを受けた後にRachelのCDを聴くとこの伴奏パターンか!と嬉しくなります。



いよいよ明後日から年に1度のハープフェスティバルがスタート。
講義やコンサートは楽しみですが、私にとってはチャンスを掴みとらなければならない大切な機会。
どうなるのか、不安と緊張が入り混じっています。

また、ハープ協会の方に演奏を勧められて、フェスティバルのランチタイムに演奏する事になりました!(希望者が演奏する機会をもらえる制度があります。)
初スコットランドでの演奏です!
こちらで習った曲に挑戦するので、練習に必死…。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだまだ模索中で、外に出ずにハープの練習と英語の勉強で1日が終わるような孤独な日も多いです
まだこちらに来て1カ月ですが、日本の色々なものが恋しい…

でも、現地に来てスコットランドの音楽ハープが好きだということを改めて実感できて、この環境を本当に幸せだと感じています。

沢山の方に助けられ、お世話になって、今ここに来れているのでそれを忘れずに頑張ります!



いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ


関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント