FC2ブログ

憧れのハープ工場へ ~ハープへの想い~

少し前ですが…

エディンバラから飛行機でロンドンへ。
そこから電車を乗り継ぎ、サウスゴッドストーン村近くにある美しい田舎町へやって来ました。

昔の馬小屋を改装して作ったハープ工場は、周りの雰囲気にマッチしていました。




辺りには草原が広がり、馬や孔雀が走っていました!
この自然豊かな環境がハープを作るのにぴったりなのだそう。
確かに以前に行ったスコットランドのハープ工場もとんでもないほど自然豊かな場所にありました…笑

ハープを作り始めて50年というジョンさんに工場内を案内してもらい、いざ見学。




工場内には、たくさんのハープが。
いくつもの工程を経て、1台のハープが出来上がるそうです。
まだ未完成ですが、木のフォルムが美しい♪





こちらはグランドハープのアクションプレートという部分。
中はとても複雑な構造になっていました。
メーカーによって使う部品が違うのだそう。それぞれのこだわりがあるようです。





見学中も実際に作業されていました!
こちらのジェリーさんはハープのデザインからペイントまで手掛けているそう。
美しいペイントにみとれてしまいます。







こちらは、ハープに彫られた彫刻
とっても可愛いです!






あまり日本では見ませんが、このように好きな絵や模様をハープに加える方も多いのだそうです。


このハープ会社さんは「一人ひとりにピッタリ合うハープを作る」という理念をもとにハープ作りをされていることが印象的でした。

また、ハープを始めやすいよう楽器の貸し出しをされていたり…
ジャンル問わず世界中のハープ奏者が集まるエディンバラハープフェスティバルを創設した会社でもあります。

ハープという楽器をもっと身近なものにしたい」という私と共通する想いを持っておられたことが一番嬉しかったです。


実は、日本で教えていた時に最初にどのハープを選んで良いか分からないという生徒さんが多く、よく相談を受けていました。
その事から「従来より値段が高くなく」「音色の良いハープ」で自信を持って薦められるハープは無いかなとずっと探していたのです。


今回の工場見学によって、この素敵なハープを日本で紹介したいという想いが固まり、現在取引に向けて調整中です。


試奏させてもらった様子♪
丸みのある艶っぽい音でした。




日本でご紹介できる日が近づくよう、頑張ります!



(ハープメーカーのジェリーさんと)


いつもご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。
↓↓↓下の写真を、応援クリックいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ


関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント