FC2ブログ

【動画アップ】日本の曲「あんたがたどこさ」で変奏曲を作りました。

いつもブログをお読み下さり、ありがとうございます。スコットランドでハープを勉強中のRicoです。日本は温かくなってきて、 春を感じ始める頃でしょうか?実はヨーロッパに現在、 大寒波 が来ていて、今週いっぱいは吹雪など荒れたお天気が続くようです。ヨーロッパ、北米在住の方、お出かけの際にはご注意くださいね!スコットランドでも 雪 が。そんな訳で、通学時の安全を考えて、今日は学校が休みになりました。明日はレコー...

クリスからのニュース

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます!先日、学校でばったり会ったのが、フィドラーのクリス(スタウト)。なぜか偶然、よく会います。クリスは嬉しそうに、「演奏のために日本へ行く事になったよ!」と伝えてくれました。時期はまだ先のようですが、2人の新しいレパートリーが日本にも届くと思うと嬉しいです!!2人はますます活躍の幅を広げており、現在はBBCラジオ2 フォークアワード2018の「ベスト・デュオ」...

アレクサンダーテクニックを始めました。

こんにちは!昨日はフィギュアスケートの熱狂に包まれていたようですね。羽生選手、宇野選手メダル獲得おめでとうございます!メダルへの喜びももちろんですが、これだけの人を感動させるアスリートの皆さんの力を今回改めて感じました。スポーツの持つ力は、本当にすごいなと思います。1年間、1つの試合を目標に努力し続ける姿は音楽家とも重なる部分があります。大学院で音楽を勉強するにあたり、音楽家も身体のコンディション...

明日はパンケーキの日!

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。日本も寒い日が続いていると聞いています。春が待ち遠しいですね☆イギリスでは、2月は立て続けにイベントがあります!2月13日の火曜日は「 パンケーキデー 」。イースターの日曜日から数えて47日以前に、毎年設定されます!イギリスやフランスでは通常火曜日、ポーランドでは木曜日なのだそうです♪イースターの前に簡素な食事をする「レント」という期間があり、そのレント...

音楽家になる為に必要なのは努力か才能か

いつも応援ありがとうございます!スコットランドでハープを勉強中のRicoです。ここ数日は久しぶりに良いお天気が続いていて、日の光が気持ち良いです。最近、タイトルのような「 音楽家になる為に必要なのは努力なのか、才能なのか 」という事をよく考えます。日本にいた時は、周りを見回してもケルティック(アイリッシュ)ハープの演奏家は少なく、海外のYoutubeを真似したり、ほとんど一人で練習や演奏をしていました。自分が...

イギリスと日本の働き方について

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。今日は、イギリスと日本の 働き方 について考える事がありました。※今回は音楽についての記事ではありません。私が現在住んでいる、「グラスゴー」はイギリスの中では 都会 にあたります。今日、スコットランドの田舎町・フランス・スウェーデン出身の友達3人と話していた時のこと。3人は口を揃えて「この街の人、働きすぎだと思わない?」と言うのです。正直、驚...

スウェーデンの友達の帰国

いつもブログをお読み下さり、ありがとうございます!本日から授業が完全再開しました!「今までは授業無かったの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれないのですが、個人レッスンや選択科目以外の伝統音楽学部の授業は、ケルティックコネクション中は休みだったのです!街をあげて開催する伝統音楽の祭典、ケルティックコネクションが第一優先のようです!本格的に新しい学期が始まるにあたり、別れもありました。音楽院には交...

【ミュージシャン紹介】ケルティックコネクション

いつもブログをお読み下さり、ありがとうございます!今日はハープ演奏のため電車でエディンバラへ向かっています。皆さんは恵方巻き、食べましたか?♪約2週間続いたケルティックコネクションももうすぐ終わり。明日が私にとってケルティックコネクションで聴くラストコンサートです!今回のブログでは、今週聴いたコンサートから何名かアーティストをご紹介したいと思います☆はじめにご紹介するのは、マーティン・ヘイズ(Martin...

【コンサート】 Fiddler’s bid & Frigg

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。スコットランドでハープを勉強中のRicoです。イギリスでも風邪やインフルエンザが流行っておりますが、皆さまは大丈夫でしょうか?手洗い、うがいでしっかり予防したいですね!先日は、Fiddler’s bid & Frigg のコンサートへ行ってきました。Fiddler’s bidの演奏は1年ぶり。普段はスコットランド、ノルウエー、シェットランドとバラバラな場所に住んでいるFiddlers ‘ bid...